値段の開き

国旗と一戸建て

インプラント治療は魅力的な治療法ですが、価格が高額であるという弱点があります。その理由はインプラント治療が保険適応になっていないからです。そのため、この治療は自由診療であり、歯科がそれぞれに価格を設定し、利用者はその全額を自己負担しなければなりません。費用の計算は歯科によって異なりますが、ほとんどの場合はフィクスチャーをあごの骨に埋め込むための費用と上部構造の費用、検査の費用が別々に計算されます。検査の費用は無料のところから10万円くらいまで幅があります。フィクスチャーを埋め込む治療では25万円前後が相場になります。上部構造は使用する材料によって異なり、見た目が良いセラミックは高額であり、金属の場合は安くなります。

インプラント治療は自由診療です。そのため、歯科によって価格が大きく違います。多くの歯科を探せば安い価格でいい治療が受けられる歯科を見つけることも可能なのです。良い歯科の場合には多くの患者が集まります。数をこなすことが可能なため、材料の大量入荷などで費用を抑えることも可能になるため、治療費が安く設定されている場合も多いのです。注意が必要なのは、質が悪いために安くなっているインプラント治療を選ばないことです。人工歯根には高度な技術が必要であるため、信頼できないメーカーが作った人工歯根は安全性が保証できません。また歯科医師に技術や経験がない場合は医療ミスも考えられます。総合的に考えて安い歯科で治療することが必要です。