骨の移植

茶色い一戸建て

最近何かと話題になっているインプラントですが、実は治療を行うにはいくつかの条件があります。その条件の中でも今回取り上げたいのが、あごの骨の状態です。というのも、インプラントは専用のボルトをあごの骨に埋め込み、それを歯根の代わりとして使用していきます。ですから、治療の過程では骨とボルトとをしっかりと結合させていく必要があるのです。ですが、あごの骨に異常がある場合、例えば通常よりもあごの骨が薄い場合などは、手術をしても元々ある骨がボルトを十分に支えることができなくなってしまいます。さらに、あごの骨の周辺には顔の神経が集まっているため、時にはそれを傷つけて麻痺が残ってしまうなんてケースもあるのです。そんなリスクの高い状態で治療を続けていくには無理があります。そのため、そういった際にはインプラントのボルトを埋め込む手術の前に下準備となる手術が行われます。

その下準備というのが骨移植です。元々薄かったあごの骨の部分に他の部分の骨を移植するのです。そうすることでボルトが固定できない、神経を傷つけてしまうなんてリスクを抑えることができますし、何よりもより安全にインプラント治療を進めていくことができます。もちろん、人によって個人差がありますし、すべての人がこの骨移植でインプラント治療ができるようになるというわけではありません。ですが、骨移植をしたことによって治療の幅が広がる可能性があるということは事実です。ただ、この骨移植、どの歯科クリニックでも簡単に受けることができるというわけではありません。やはり専門の機器、設備が必要になってくるものなので、利用の際には事前に各クリニックに確認してみるといいでしょう。