矯正中の注意

一戸建てと空

矯正歯科の歯列矯正をスケジュールどおりに終わらせるためには、普段から注意深く生活をすることが求められます。矯正装置は決められた時間を守って装着することが大事です。長時間はずしていると矯正スケジュールが遅れ、仕上りにも影響を及ぼしてしまいます。また、矯正中は虫歯にならないように、毎食後必ずブラッシングをすることも大切です。虫歯になると虫歯治療をする時間が加わり、治療期間が伸びてしまいます。 矯正している間は、決められたペースで矯正歯科クリニックに通い、矯正装置を調整してもらう必要があります。だいたい2週間〜1ヵ月に一回の割合で矯正歯科に通院して装置の調整や矯正の進行状況をチェックしてもらうことで計画通りに正しく矯正ができます。

矯正歯科では歯の矯正ができますが、矯正をする方法や矯正にかかる費用は矯正装置によって違います。矯正には大きく分けると表側矯正と裏側矯正があります。表側矯正よりも裏側矯正のほうが難しく、高度な技術が必要なため、費用が高くなる傾向があります。装置を裏側につけることで誰にも気づかれずに矯正ができます。 表側矯正は金属ブランケットを使用したオーソドックスな矯正が一番安価で、審美ブランケットという透明や白の目立たないブランケットを使用する矯正だと少し高くなります。マウスピース矯正というブランケットもワイヤーも使用しない矯正もあります。マウスピースは透明で薄いのでほとんど目立たず、歯磨きをするときは取り外せるので便利です。